コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ記者クラブ かめらきしやくらふ,かめらきしゃくらぶ

1件 の用語解説(カメラ記者クラブの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

カメラ記者クラブ

 昭和38(1963)年創設の団体。日本のカメラ雑誌(平成20年は12誌)のメカニズム記事の担当責任者で構成される。12誌の内訳は、カメラマン(モーターマガジン社)をはじめ、アサヒカメラ(朝日新聞出版)、カメラ年鑑(日本カメラ社)、CAPA学習研究社)、コマーシャルフォト(玄光社)、写真工業(写真工業出版社)、旅写真(ニューズ出版)、デジタル写真生活(ニューズ出版)、日本カメラ(日本カメラ社)、フォトコン(日本写真企画)、フォトテクニック デジタル(玄光社)、風景写真(風景写真出版)。最大の活動は、年に1回主催する「 カメラグランプリ 」である。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラ記者クラブの関連キーワード自治体AARJARLJLPGASCLCJCDAJAMA団体扱契約入会慣習ミズーラ子ども劇場

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カメラ記者クラブの関連情報