コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤグム(伽【や】琴) カヤグム

百科事典マイペディアの解説

カヤグム(伽【や】琴)【カヤグム】

朝鮮半島のロング・ツィター属の撥弦楽器。カヤゴとも。12弦。12の可動柱で調弦する。義爪をはめず,右手人差し指などの爪で弦をはじく。弦の張力が弱く,左手の奏法が多様で,朝鮮独特の音楽をかもし出す。6世紀に伽【や】国で作られた。新羅時代に日本に伝来したものは新羅琴(しらぎごと)と呼ばれ,正倉院に保存されている。これとほぼ同形のものが現在でも宮廷音楽で用いられている。19世紀に改良された民俗音楽用のものは,やや小型で弦も細い。
→関連項目ダン・チャン(弾箏)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

カヤグム(伽【や】琴)の関連キーワード伽【や】琴

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android