新羅琴(読み)しらぎごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅琴
しらぎごと

三韓楽中,新羅楽に用いた 12弦のツィター属弦鳴楽器。朝鮮では (かやきん) といい,尾端部に「羊耳」と呼ばれる緒止めを差込んであるのが特徴。日本では新羅楽の代表楽器として新羅琴師とともに渡来したので新羅琴と呼ばれ,平安時代初期まで用いられた。正倉院北倉に2個のほぼ完全な形のものと,南倉に1個の残欠があり,この古制は現在朝鮮の雅楽の伽 倻琴に伝わっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しらぎごと【新羅琴】

新羅楽の演奏に用いられた琴。長さ約1.5メートル。一二弦。正倉院に遺品がある。伽倻琴かやきん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の新羅琴の言及

【伽倻琴】より

…朝鮮では新羅の真興王代(540‐576)に加耶の楽師于勒(うろく)が伽倻琴曲12曲を作したとの所伝がある。また9世紀に日本に伝来したものが新羅琴として正倉院に残存する。民俗楽用は,全長約144~148cm,幅約22~26cmでやや小型で,羊耳形はなく箱作りの胴。…

【箏】より

…全長166cm,音域は2オクターブにわたり,5音音階に調弦する。 朝鮮の代表的な箏類である伽倻琴は12弦で,新羅で盛んであったことから日本に伝えられたものを新羅琴(しらぎごと)と称し,正倉院に保存されている。伽倻琴は,《三国史記》によれば,6世紀に伽倻国嘉実王が中国の箏を模して作り,楽人于勒(うろく)が12曲を作曲したという。…

【朝鮮音楽】より

…伽倻国の楽人于勒(うろく)は,嘉実王によって作られた伽倻琴のための楽曲を作ったが,伽倻国が滅びると,新羅の真興王(在位540‐576)に仕えたと《三国史記》の〈楽志〉にある。しかし,この時代,すでに今日の伽倻琴と大差ないものが作られたと考えられ,新羅琴として日本に伝えられた楽器は,今日なお正倉院に残存している。(3)統一新羅時代 三国の音楽を吸収し,さらに発展して多様化するとともに,唐の楽舞も移入した。…

※「新羅琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android