カヤポー族(読み)カヤポーぞく(英語表記)Cayapó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤポー族
カヤポーぞく
Cayapó

アマゾン東部シング川流域に住むジェー語系諸族に属する一民族。狩猟採集民であるが焼畑農耕も行なう。数百人規模の村落を形成するが,定着するのは雨季だけで,乾季になると小集団に分かれて遊動生活を送る。7~8段階の年齢階梯制や双分的男子結社など複雑な社会組織をもつ。村民以外は潜在的に敵とみなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android