コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年齢階梯制 ねんれいかいていせい age-grade system

5件 の用語解説(年齢階梯制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年齢階梯制
ねんれいかいていせい
age-grade system

社会の全成員あるいは男性のみが,いくつかの年齢段階 (年齢階梯) に区分され,各年齢段階に固有の役割が付与されている体系。一つの階梯から次の階梯への移行は役割の変化を意味するが,儀礼によって明示されることが多く,同一階梯の全成員が同時に次の階梯へ集合的に移行する場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねんれいかいてい‐せい【年齢階×梯制】

村落や部族などで、全成員を年齢によっていくつかの階級に分け、それぞれに特定の役割・機能を分担させ、全体としてその集団の統合を図る社会制度。年齢階級制。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねんれいかいていせい【年齢階梯制 age‐grade system】

年齢を基本として編成される制度で,東アフリカ部族社会に典型的に見られる。その社会集団の成員は,いくつかの年齢段階(年齢階梯)に区切られ,段階ごとに固有の役割を集団的に分担している。ある年齢段階から次の段階への移行は,特定の周期(8~15年ごと)で実施される特別の儀礼を経て行われ,個々人の出生時からの年齢には基づかないことが多い。女子よりも男子に顕著に見られるもので,その詳細は〈年齢集団〉の項を参照されたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんれいかいていせい【年齢階梯制】

集団の成員を年齢に応じた階級に分け、それぞれに共同生活上の機能を分担させ、集団の統合を図る社会制度。年齢階級制。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年齢階梯制
ねんれいかいていせい

年齢集団制の一形態で、年齢によってくぎられたいくつかの段階・地位を順次一つずつ移行していく制度をいう。それぞれの段階に至るにはなんらかの資格や儀礼が必要とされるのが普通であり、社会のすべての男(あるいは女)は、これらの全段階を通り抜けて初めて人間としての一生を全うしたと考えられる。たとえば、東アフリカの牧畜民マサイでは、男は少年・戦士・長老の段階を、女は少女と既婚者の段階を通過する。もし最終段階に到達する前に死亡した場合、完全な葬儀が行われなかったり、祖霊になれなかったりすることもある。ケニアの農耕民メルの場合、男は12、13歳くらいから数年間「大きな少年」の段階に入るが、「大きな少年」の段階がまた三つの階梯に分かれている。その後、割礼を経て戦士の段階に入り、結婚後、政治的中心となる長老段階に至る。最後に「すべての仕事を終えて食べるだけ」の最長老段階で終わるのである。日本では静岡県伊浜(南伊豆町)の年齢階梯が有名で、人類学者鈴木二郎によれば、17歳ぐらいで若者組に入ったのち、走り使い、使い上り、小中老、中老、頭脇(かしらわき)、親方、宿老、中宿老、大宿老、年寄衆などと非常に細かく階梯が分かれている。[加藤 泰]
『『日本民俗文化大系8 村と村人』(1984・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の年齢階梯制の言及

【年齢集団】より

…年齢によって人々を序列づけ,いくつかの段階的なグループに区分する集団組織・制度のことで,厳密には年齢階梯制という。一般に男女別々に組織されるが,とくに男子に顕著であって女子では微弱である。…

※「年齢階梯制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

年齢階梯制の関連キーワード賦役黄冊従業員持ち株制度徴兵制参審制度統合任務部隊戦隊ヒーローマイポータル制度年齢肌契約年齢年増法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone