カラアザール病(読み)カラアザールびょう

百科事典マイペディアの解説

カラアザール病【カラアザールびょう】

リーシュマニア・ドノバニという原虫の寄生による病気。スナバエが媒介。中南米,東南アジア,中国,地中海沿岸などに分布。潜伏期2週間〜数ヵ月。寄生部位は脾臓,肝臓,骨髄(こつずい)などで,発疹をもって始まり,発熱期と無熱期が交替,貧血が起こり,肝臓,脾臓がはれる。やがて無熱期は短くなり,高度の貧血と悪液質に陥る。治療はアンチモン剤。対症的には鉄剤,ビタミンB,C剤を使用。
→関連項目リーシュマニア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android