コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラオスマンオウル家 カラオスマンオウルけ Karaosmanoğlu

1件 の用語解説(カラオスマンオウル家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラオスマンオウルけ【カラオスマンオウル家 Karaosmanoğlu】

18,19世紀のトルコにおいて,エーゲ海沿岸地方一帯を支配した名望家(アーヤーン)。この家系は17世紀前半に西アナトリアのヤヤキョイYayaköyとよばれる村の出で,始祖カラ・オスマンKara Osmanはシパーヒー(騎士)出身。1730年代以降,エーゲ海沿岸地方の代官(ミュテセッリム)職を独占し,徴税請負(イルティザーム),チフトリキ(私的大土地所有),不動産所有や家畜飼育などを経済的基盤として,この地方をその一円的支配のもとにおいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラオスマンオウル家の関連キーワードエーゲ海エーゲ文明パロス島フォレガンドロス島アフラットクシャダスチェシメマルマリススカイバルコニーコラーゲン (collagen)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone