コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカル修道院 カラカルシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

カラカル‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【カラカル修道院】

Moni KarakallouΜονή Καρακάλλου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山の修道院。11世紀以前の創設。13世紀に海賊などによる攻撃を受け、東ローマ帝国パレオロゴス王朝のアンドロニコス2世とヨハネス5世により再建。16世紀に主聖堂が建造された。現在も共住修道士らが初期キリスト教の原始共産制的な共同生活を営んでいる。カラカルウ修道院

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カラカル修道院の関連キーワードハルキディキ半島

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android