コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラガーツィス Karagatsis, M.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラガーツィス
Karagatsis, M.

[生]1908. アテネ
[没]1960
ギリシアの作家。本名 Dimitrios Rodopoulos。 1929年,文芸誌『ネア・エスティア』の懸賞小説募集に『ニツァ夫人』I Kyria Nitsaが入選,一躍有名になった。作品には『キマイラ』 Chimaira (1936) ,『涜神者の連祷』I litaneia ton âsevon (40) ,『大いなる眠り』O megalos ypnos (46) などのほか,戯曲もある。現代のギリシアで最も影響力のある作家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カラガーツィスの関連キーワード新藤兼人黒人文学磯崎新川添登国際通貨問題メタボリズム新聞小説[各個指定]芸能部門安保闘争教育改革

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android