カラガーツィス(英語表記)Karagatsis, M.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラガーツィス
Karagatsis, M.

[生]1908. アテネ
[没]1960
ギリシアの作家。本名 Dimitrios Rodopoulos。 1929年,文芸誌『ネア・エスティア』の懸賞小説募集に『ニツァ夫人』I Kyria Nitsaが入選,一躍有名になった。作品には『キマイラ』 Chimaira (1936) ,『涜神者の連祷』I litaneia ton âsevon (40) ,『大いなる眠り』O megalos ypnos (46) などのほか,戯曲もある。現代のギリシアで最も影響力のある作家。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android