コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラコギカエデ(唐子木楓) カラコギカエデAcer aizense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラコギカエデ(唐子木楓)
カラコギカエデ
Acer aizense

カエデ科の落葉小高木。一名ヤチイタヤ。山地の湿りけのある土地 (谷地) に自生する。北海道から九州まで分布する。高さ数m,葉は対生し,卵形で鋭尖頭,葉縁に不規則な切れ込みがあり,重鋸歯をもっている。表面は無毛であるが,裏面では葉脈にそって淡褐色の毛が密生している。花は黄緑色の5弁花で,5~6月頃,枝の先端に総状につく。翅果は長さ 3.5cm,2つの翅は狭い角度をなし,ほとんど平行にみえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android