コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラコギカエデ(唐子木楓) カラコギカエデAcer aizense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラコギカエデ(唐子木楓)
カラコギカエデ
Acer aizense

カエデ科の落葉小高木。一名ヤチイタヤ。山地の湿りけのある土地 (谷地) に自生する。北海道から九州まで分布する。高さ数m,葉は対生し,卵形で鋭尖頭,葉縁に不規則切れ込みがあり,重鋸歯をもっている。表面は無毛であるが,裏面では葉脈にそって淡褐色の毛が密生している。花は黄緑色の5弁花で,5~6月頃,枝の先端に総状につく。翅果は長さ 3.5cm,2つの翅は狭い角度をなし,ほとんど平行にみえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone