カラジャオウラン(英語表記)Karacaoǧlan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラジャオウラン
Karacaoǧlan

[生]1606?
[没]1679
オスマン帝国の吟遊詩人。アナトリア南部地方の生れといわれるが確かなことはわからない。アナトリアの東部地方を遍歴しながら,伝統的な韻律と簡潔な言葉で人々の生活をうたい上げた。詩集として今日残された『カラジャオウラン』は 17世紀トルコ民衆文学の代表作にあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android