カラバー(英語表記)Calabar

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラバー
からばー
Calabar

西アフリカ、ナイジェリア東部のクロス・リバー州の州都。人口17万(1995)。カラバー川の河口近くに位置する港湾都市で、奴隷貿易とやし油輸出港として栄え、当時の港町ヘンショウ・タウンはいまも港の近くに残っている。一時、南部ナイジェリア保護領の首都となったが、ポート・ハーコートの発展とともに、輸出港としての重要性は低下した。しかし現在もナイジェリアの主要貿易港の一つである。カラバー大学がある。[島田周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android