コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やし油 やしゆcoconut oil

翻訳|coconut oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やし油
やしゆ
coconut oil

ココヤシの果実の核の胚乳から圧搾法によって得られる脂肪。白色から淡黄色で特有の臭気がある。融点 23~26℃。カプリル酸 5.5~9.5%,カプリン酸 4.5~9.5%,ラウリン酸 44~52%,ミリスチン酸 13~19%,パルミチン酸 7.5~10.5%などの飽和脂肪酸オレイン酸 1.5~2.5%,リノール酸 1.5~2.5%などの不飽和脂肪酸不鹸化物 0.15~0.6%などを含む。石鹸,マーガリン可塑剤などの原料とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やし油
やしゆ
coconut oil

ヤシ科のココヤシの果実の核から得られる脂肪。核の含油部分を乾燥したものをコプラcopraという。このコプラから圧搾法により採油される。コプラ油とも称する。コプラの品質は乾燥に左右され、水分が多いものはカビを生じ、油が酸敗するから、水分を8%以下にする必要がある。コプラの乾燥度は、やし油の品質、収量に影響を及ぼす。コプラの形で東南アジアなど熱帯原産地から輸出される。含油量65~75%。マーガリン、カカオ脂代用品(水素添加やし油)、せっけん、高級アルコール、脂肪酸、グリセリン原料として用いられる。なお、パーム核油はやし油にきわめて類似した成分を有している。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

やし油の関連キーワードサン・ルイス(ブラジル)フランス領ポリネシアポート・ハーコートココナッツオイルポンティアナックディーゼル燃料洗濯せっけんアルキド樹脂ナイジェリア水せっけんナパーム弾バイオ燃料シャンプービクトリアサラワク州吸出し膏薬赤道ギニアカプロン酸テレジナウイジェ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やし油の関連情報