コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラー自由度 カラーじゆうどcolour degrees of freedom

世界大百科事典 第2版の解説

カラーじゆうど【カラー自由度 colour degrees of freedom】

クォークにはu,d,s,c,……などその種類を表すフレーバー自由度(香りの自由度)があるが,それぞれのフレーバー自由度をもったクォークはさらにu(赤),u(青),u(緑)というように3種類あると考えられている。この赤,青,緑の分類を与えるのがカラー自由度で,色の自由度とも呼ばれる。カラーとかフレーバーといっても実際の香りや色ということではなく,あくまで種類分けをするための便宜上の用語である。カラー自由度は歴史的にはクォークの統計性に関連して導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android