コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリカック家 カリカックけKallikak family

世界大百科事典 第2版の解説

カリカックけ【カリカック家 Kallikak family】

精神遅滞や反社会的行動の遺伝性に関する研究の対象として,1912年にゴダードH.H.Goddardが取りあげたことで知られる家系。カリカック(仮名)はイギリスの貴族であったが,アメリカ独立戦争に参加して精神遅滞の女性との間に私生児をもうけた。この家系には,その後5代にわたり480人の子孫が生まれた。そのうち調査可能であった189人中,75.7%に当たる143人が精神遅滞やアルコール中毒や犯罪者で,正常者はわずかに46人であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android