カルケドン(英語表記)Chalkēdōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルケドン
Chalkēdōn

ボスポラス海峡をはさんでビザンチオンに相対していた小アジア北西部の古代都市。現トルコのカドゥキョイ。前 685年に建設されたメガラの植民地。初期の歴史はビザンチオンと共通し,アテネとスパルタの争奪地となった。前 133年ペルガモン王アッタロス3世の死去の際,ローマに遺贈された。 451年のキリスト教会のカルケドン公会議は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android