コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルケドン Chalkēdōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルケドン
Chalkēdōn

ボスポラス海峡をはさんでビザンチオンに相対していた小アジア北西部の古代都市。現トルコのカドゥキョイ。前 685年に建設されたメガラの植民地。初期の歴史はビザンチオンと共通し,アテネとスパルタの争奪地となった。前 133年ペルガモン王アッタロス3世の死去の際,ローマに遺贈された。 451年のキリスト教会のカルケドン公会議は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カルケドン(Chalkedon/Χαλκηδών/〈英〉Chalcedon)

イスタンブールの一地区カドゥキョイ旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カルケドンの関連キーワードニケフォルス[コンスタンチノープル]セルギウス[コンスタンチノープル]フラビアヌス2世[アンチオキア]コンスタンチノープル総大主教ディオニシウス・エクシグウス盗賊教会会議[エフェソス]フェリクス3世(2世)ローマ・カトリック教会アルメニア教会ディオスコロスプロポンティスエチオピア教会クセノクラテスカルケドン信条キリスト単性説シンプリキウストラシュマコスイスタンブールマルキアヌスエウテュケス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android