カルバニオン(英語表記)carbanion

世界大百科事典 第2版の解説

カルバニオン【carbanion】

炭素原子上に負電荷をもつ有機化合物のイオンをいう。カルボカチオンの対照語で炭素carboの陰イオンanionの炭素原子から陽子離してできるカルバニオンの名称は,その母体化合物に接尾語‐ide(イド)をつけてつくる。たとえば,ブタンのC‐1からプロトンがとれてできるカルバニオンは1‐ブタニドとなる。一般にカルバニオンは陽子脱離などによって生成する反応性中間体であり,求核試薬として多くの有機反応にあずかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android