コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルマンの渦列 Karman's vortex street

1件 の用語解説(カルマンの渦列の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

カルマンの渦列【Karman's vortex street】

流れに直角におかれた柱状物体の後方に発生する2列の渦は,古くから存在が知られていたが,20世紀のはじめにカルマン(T. von Karman)が流体力学的に解明して後「カルマンの渦」と呼ばれるようになった.二つの列の間隔と,一つの列の中での渦の間隔との比(これを「渦の間隔比」という)が0.281のとき安定となることが理論的に導かれたが,実際の渦列の場合も0.2~0.4の範囲にある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルマンの渦列の関連キーワード圧力抵抗後腎後流仕切り弁質量分析器角網矩の手カルマン渦鉤墨仕切弁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone