コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル2世(禿頭王) カルルにせいとくとうおう Karl II, der Kahle

1件 の用語解説(カルル2世(禿頭王)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル2世(禿頭王)
カルルにせいとくとうおう
Karl II, der Kahle

[生]823.6.13.
[没]877.10.6. ブリードレベーヌ
西フランク王 (在位 843~877) ,西ローマ皇帝 (在位 875~877) 。シャルル2世 (禿頭王) とも呼ばれるルートウィヒ1世 (敬虔王) の末子。次兄ルートウィヒ2世 (ドイツ王) と組んで 841年長兄ロタール1世を破り,ベルダン条約で西フランクを獲得し,843年西フランク王となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルル2世(禿頭王)の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数カスタム 823n-6脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone