コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル2世(禿頭王) カルルにせい[とくとうおう]Karl II, der Kahle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル2世(禿頭王)
カルルにせい[とくとうおう]
Karl II, der Kahle

[生]823.6.13.
[没]877.10.6. ブリードレベーヌ
西フランク王 (在位 843~877) ,西ローマ皇帝 (在位 875~877) 。シャルル2世 (禿頭王) とも呼ばれる。ルートウィヒ1世 (敬虔王) の末子。次兄ルートウィヒ2世 (ドイツ王) と組んで 841年長兄ロタール1世を破り,ベルダン条約で西フランクを獲得し,843年西フランク王となる。長兄の次男のロタール2世の死後に再び次兄と協力し,メルセン条約で中部フランクの西半分を獲得し,今日のフランスの基礎を築いた。ルートウィヒ2世 (ロタール1世の長男) の死後,イタリアに入り,875年教皇ヨハネス8世から西ローマ帝国の帝冠を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルル2世(禿頭王)の関連キーワードルートウィヒ2世(ドイツ王)ルートウィヒ1世(敬虔王)ボードアン[フランドル伯]シュトラスブルクの盟約ルイ2世(吃盲王)西フランク王国ロタリンギアヒンクマルカルロマンニタルド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android