コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロリン[諸島] カロリン

百科事典マイペディアの解説

カロリン[諸島]【カロリン】

西太平洋,赤道〜北緯11°,東経130°〜160°に散在,パラオヤップトラック諸島,ポーンペイ(ポナペ)など900を超える小島からなる。原住民はミクロネシア人が主。
→関連項目カナカバベルダオブ[島]ミクロネシア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カロリン[諸島]【Caroline Islands】

ミクロネシアの島嶼中,マリアナ,マーシャルの2諸島を除く島々の総称。ほぼ北緯0~11゜,東経130~164゜の太平洋海域に広がり,島の数は900を超えるが,その大部分は小さな無人島である。中央カロリンには環礁が多い。火山島はサンゴ礁島に比して面積が大きく,地味も肥えているが,グアムに次いでミクロネシア第2位のポナペ島で375km2,パラオのバベルダオブ島で370km2,カロリン諸島全体を合わせても1320km2にすぎない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カロリン[諸島]の関連キーワードミクロネシア[人]

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android