カロリン[諸島](読み)カロリン

百科事典マイペディアの解説

カロリン[諸島]【カロリン】

西太平洋,赤道〜北緯11°,東経130°〜160°に散在,パラオヤップトラック諸島,ポーンペイ(ポナペ)など900を超える小島からなる。原住民はミクロネシア人が主。タロイモ,ヤムイモ,バナナ,コプラを産する。16世紀にスペイン人が来航,ドイツ領,日本委任統治領を経て,1947年米国の信託統治領となったが,パラオ諸島(現パラオ共和国)を除く島々は1986年ミクロネシア連邦として独立。1320km2。約13万人(2005)。
→関連項目カナカバベルダオブ[島]ミクロネシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カロリン[諸島]【Caroline Islands】

ミクロネシアの島嶼中,マリアナ,マーシャルの2諸島を除く島々の総称。ほぼ北緯0~11゜,東経130~164゜の太平洋海域に広がり,島の数は900を超えるが,その大部分は小さな無人島である。中央カロリンには環礁が多い。火山島はサンゴ礁島に比して面積が大きく,地味も肥えているが,グアムに次いでミクロネシア第2位のポナペ島で375km2,パラオのバベルダオブ島で370km2,カロリン諸島全体を合わせても1320km2にすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android