カンドワ(英語表記)Khandwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンドワ
Khandwa

インド中部,マディヤプラデーシュ州南西部の都市。ボパールの南西約 180km,ナルマダ地溝帯の南壁をなす標高 309mの斜面上に位置。綿工業,製材,搾油が行われ,綿花,木材,穀物の取引が盛ん。古くからナルマダ川を渡る南北交通路上の交易地であった。現在もデリー-ムンバイ (ボンベイ) 間の幹線鉄道と,ウジャイン,アコラ方面へ通じる南北の支線の結節点。北部に 12世紀頃のジャイナ教寺院の遺跡がある。人口 14万 5111 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android