コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンバーランド高原 カンバーランドこうげんCumberland Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンバーランド高原
カンバーランドこうげん
Cumberland Plateau

アメリカ合衆国の東部,アパラチア山系を構成する三大山地のなかで,最も西寄りにある高原。ウェストバージニア州からアラバマ州北部へかけて広がる。全長約 700km,幅約 60~80km。標高は 1000m前後が多い。南東斜面が急で,北西斜面はゆるやかである。表面は,薄い砂質の比較的肥沃な土壌におおわれ,その下部はあらい砂岩で構成されている。最も高峻な部分は,ケンタッキー州東部からテネシー州北東部にかけて,約 220kmにわたって延びる山系で,カンバーランド高原の名前は,通常ここに使われる。この高原は石炭,石灰岩,建設・装飾用の砂岩や,森林資源に恵まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone