カンブリア爆発(読み)カンブリアバクハツ

デジタル大辞泉の解説

古生代カンブリア紀初頭、約5億4千万年前から5億年前頃に、今日見られる動物の多くが一気に出現した現象先カンブリア時代エディアカラ動物群が衰退したのち、世界中で急激に種の多様化が進んだと考えられ、カナダロッキー山脈で見つかったバージェス頁岩動物群が知られる。カンブリア紀の大爆発カンブリア大爆発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android