コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンブリア爆発 カンブリアバクハツ

デジタル大辞泉の解説

カンブリア‐ばくはつ【カンブリア爆発】

古生代カンブリア紀の初頭、約5億4千万年前から5億年前頃に、今日見られる動物のの多くが一気に出現した現象。先カンブリア時代エディアカラ動物群が衰退したのち、世界中で急激に種の多様化が進んだと考えられ、カナダのロッキー山脈で見つかったバージェス頁岩動物群が知られる。カンブリア紀の大爆発カンブリア大爆発

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カンブリア爆発の関連キーワード古生物

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンブリア爆発の関連情報