カーイン(英語表記)Qāyen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーイン
Qāyen

イラン東部,ホラーサーン州の町。アフガニスタンとの国境に近いこの地域は,北西から南東に走り,南のシースターン沼沢地に沈む,最高は標高 2750mに及ぶ丘陵群より成る。町は広い谷の中にあり,土塁で囲まれているが,その外に広い住宅地がある。おもな産物は穀物,サフラン,野菜および羊毛である。特にサフランは,周辺も含めて特産地で,ほとんど全イランの需要にこたえている。フェルト,絨毯製造が行われる。人口1万 5955 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android