カージオイド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カージオイド
かーじおいど
cardioid

極座標rθについての方程式r=a(1+cosθ)で表される曲線心臓形ともいう。カージオイドは、一つの円の外部にあってこの円と半径の等しい円が、この円に接しながら滑ることなく転がるとき、この転円上の定点の軌跡として描かれる。この方程式を一般化した方程式r=acosθ+bで表される曲線をリマソン(蝸牛線(かぎゅうせん))という。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカージオイドの言及

【曲線】より

…原点OとA(a,0)を結ぶ線分を直径とする円周上に動点Qをとり,直線OQ上に長さbの線分QPをQの両側にとるとき,Pはこの曲線を描く。abの場合のリマソンはふつうカージオイドcardioidまたは心臓形と呼ばれる(図8)。一般に,1定点Oから定曲線Cの各接線に下ろした垂線の足の描く曲線をCのOに関する垂足曲線pedal curveという。…

※「カージオイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android