コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カージオイド かーじおいど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カージオイド
かーじおいど
cardioid

極座標rθについての方程式r=a(1+cosθ)で表される曲線。心臓形ともいう。カージオイドは、一つの円の外部にあってこの円と半径の等しい円が、この円に接しながら滑ることなく転がるとき、この転円上の定点の軌跡として描かれる。この方程式を一般化した方程式r=acosθ+bで表される曲線をリマソン(蝸牛線(かぎゅうせん))という。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカージオイドの言及

【曲線】より

…原点OとA(a,0)を結ぶ線分を直径とする円周上に動点Qをとり,直線OQ上に長さbの線分QPをQの両側にとるとき,Pはこの曲線を描く。abの場合のリマソンはふつうカージオイドcardioidまたは心臓形と呼ばれる(図8)。一般に,1定点Oから定曲線Cの各接線に下ろした垂線の足の描く曲線をCのOに関する垂足曲線pedal curveという。…

※「カージオイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カージオイドの関連キーワードサイクロイド限外顕微鏡

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android