定点(読み)ていてん

精選版 日本国語大辞典「定点」の解説

てい‐てん【定点】

〘名〙
① 数学で、定まった位置。あたえられた点。
② 国際民間航空機関(ICAO)の協定により、各国が共同して気象および海洋の観測を行なうため、海上に定められた地点。日本は四国沖のT点(南方定点=北緯二九度、東経一三五度)での観測を担当していたが昭和五七年(一九八二)廃止。→定点観測

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android