コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定点 テイテン

デジタル大辞泉の解説

てい‐てん【定点】

定まった位置の点。一定の地点。「円周上の定点A」
気象海洋観測の目的で、国際的に定められた海洋上の18か所の地点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていてん【定点】

定まった位置の点。一定の場所・地点。
国際条約で定まった海洋上の地点。航空機・船舶の航行の安全のため、各国が分担して継続的に気象・海洋観測を行なっていた一八か所の地点。日本が担当したのは、北緯29度、東経135度の地点で、 T 点と呼ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定点の関連キーワードアルキメデスの螺線トリメトリック図法インボリュート曲線定点把握対象疾患アポロニウスの円スポットセンサス国際温度目盛りレムニスケート沿岸定置観測サイクロイド位置ベクトル国際温度目盛モーメントホドグラフ水の三重点トロコイド双曲線航法定点観測船温度の定点楕円振動

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定点の関連情報