カーダム派(読み)カーダムは(英語表記)bKa' gdams pa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーダム派
カーダムは
bKa' gdams pa

チベット仏教の一宗派。 11世紀中頃のチベットアティーシャの影響を受けた人々の教学系統。部派仏教から金剛乗にいたる仏教を統合して受入れる立場をとる。ドムトゥン (1004/5~64) が 1056年にラデンを創建し,それが中心となった。密教を重んじたダムガクパの系統と顕教を主とし,無上瑜伽タントラに触れない持律者の系統とがあって,後者が次第に主流となった。その正統性を主張するため『カーダム聖冊子』がナルタン寺系から示されたが,黄帽派でもダライ・ラマの系統はその転生理論の根拠をこの書に求めて尊重し,さらにカーダム派寺院を,新カーダム派と称して黄帽派が統合する場合にも役立てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android