コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーブラックホール Kerr blackhole

法則の辞典の解説

カーブラックホール【Kerr blackhole】

電荷をもたないが,スピンをもち自転をしているブラックホール.事象の地平面が内部と外部の二つに分裂している.これは自転が原因で,自転していないときは外部の半径はシュヴァルツシルト半径*と同じであるが,自転速度が大きくなると半径は縮小する.一方,内部地平面の半径は大きくなる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

カーブラックホールの関連キーワードカー‐ニューマンブラックホールシュヴァルツシルト半径ブラック・ホール富松‐佐藤の解カーの時空電荷

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android