コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボン印刷 カーボンいんさつ carbonizing

1件 の用語解説(カーボン印刷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーボン印刷
カーボンいんさつ
carbonizing

複写伝票用紙などの裏面の全面または一部にあらかじめカーボンインキを印刷しておく方法をいう。これによって複写をとる場合に,いちいちカーボン紙をはさむ手間が省略される。着色顔料ワックス,樹脂などと混合したインキを使い,グラビア方式で印刷するが,その際,インキ壺を加熱してインキを溶融した状態で印刷し,紙に転移すると同時に冷却して固化乾燥させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーボン印刷の関連キーワード鉱業財団傭船契約上路橋全面伝票罰俸裏紙法令違憲バロット投票用紙の印刷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone