コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボン印刷 カーボンいんさつcarbonizing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーボン印刷
カーボンいんさつ
carbonizing

複写伝票用紙などの裏面の全面または一部にあらかじめカーボンインキを印刷しておく方法をいう。これによって複写をとる場合に,いちいちカーボン紙をはさむ手間が省略される。着色顔料をワックス,樹脂などと混合したインキを使い,グラビア方式で印刷するが,その際,インキ壺を加熱してインキを溶融した状態で印刷し,紙に転移すると同時に冷却して固化乾燥させる。凸版方式もあり,インキ壺,ローラ,版盤などを加熱して印刷し,紙に転移すると自然冷却によって固化させるところからコールドセットインキともいわれている。インクをマイクロカプセルに入れて印刷しておき,記入するとそのカプセルが割れて印字される方式もある。用紙としては薄くてインキを浸透させないものを選択する必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カーボン印刷の関連キーワード特殊印刷

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android