コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーリー

百科事典マイペディアの解説

カーリー

ヒンドゥー教のシバ神の妃。ドゥルガー,パールバティーとも。もとは独立の神格であったが,後にはシバの配偶者としてその特性を失った。ヒンドゥー教シャクティ派ではカーリーを特に崇拝する。
→関連項目ドゥルガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カーリー

クロックスが販売するカジュアルシューズ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーリー【Kālī】

ヒンドゥー教の主神シバの妃であるドゥルガー(別名パールバティー,ウマー,ガウリー)が恐ろしい形相をとった時の呼称とされるが,元来は別の神格であったようである。カーリー女神は牙のある口から長い舌をだらりとたらし,黒くて瘦せ細ったおぞましい姿で図像化される。しばしば4本の腕を持ち,その一つ一つに,パーシャ(捕縄),カトバーンガ(先に頭蓋骨のついた杖),剣,生首を持つ。この女神はタントラ教の諸派で本尊とされ,中世には,この女神に墓地で人身御供を捧げる魔女(ヨーギニー,ダーキニー)たちの群れが暗躍したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーリー

パールバティー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカーリーの言及

【インド神話】より

…シバの妃はパールバティーPārvatī(〈山の娘〉の意)である。彼女はヒマラヤの娘とされ,また,ウマー,ガウリー,ドゥルガーなどとも呼ばれ,血なまぐさい狂暴な姿をとるときは,カーリーと呼ばれる。軍神スカンダ(韋駄天)と象面のガネーシャ(聖天)は,シバとパールバティーの息子とされる。…

【荼枳尼天】より

…大母神カーリーの使婢たる鬼霊。サンスクリットでダーキニーḌākinīといい,荼枳尼,拏吉尼などと音写される。…

【ドゥルガー】より

シバ神の妻。パールバティーPārvatī,ウマーUmā,ガウリーGaurī,カーリーなどの別名をもつが,これらは元来別の女神であったと考えられている。ドゥルガーは〈超え難い女性〉という意味で,悪魔たちを殺す恐ろしい女性戦士とみなされている。…

【髑髏】より

… どくろは死の象徴でもある。インドの死と破壊の女神カーリーはどくろの首飾をつけている(《デービー・マーハートミヤ》)。僧文覚(もんがく)が源頼朝に兵を起こすよう説得する際,父義朝の頭と称するどくろを持参したのも(《平家物語》),父の死を改めて想起させるためだった。…

※「カーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーリーの関連キーワードスリバダパティラカリアマン寺院ダクシネーシュワルカーリー寺院アイ・リアリー・ライク・ユーLiga Espanolaスリビラマカリアマン寺院007 私を愛したスパイ思い出のグリーン・グラスシバ(ヒンドゥー教の神)コール・ミー・メイビー007私を愛したスパイジェレミー アイアンズジェームズ テイラーランボー・フィールドスリー・ストゥージズアル・ザルカーリーマハカリ・ピャクンクリス ボッティジョン リッターラーマクリシュナマイ・ロマンス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーリーの関連情報