捕縄(読み)ほじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕縄
ほじょう

犯人の逮捕,連行,刑の執行の際に用いる江戸時代には「とり縄」といい,早縄 (犯人逮捕用) と本縄 (刑確定後に用いた) の別があった。役所によって,白,紺など縄の色を異にした。縛られる者の身分や性別によって縛り方も違い,また状況に応じて特別の縛り方をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

捕縄【ほじょう】

犯罪の捜査および裁判,刑の執行のため,人を捕らえ,あるいは連行するために用いる縄。江戸時代には取縄(とりなわ)といい,早縄(はやなわ)(長さ2ひろ半,逮捕用),本縄(ほんなわ)(5ひろ,罪名確定後に使用)の別があり,奉行所によって色を異にし,身分・性別によって縄のしばり方が違った。
→関連項目戒具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とりなわ【捕縄】

犯罪の捜査および裁判,刑の執行のため,人を捕らえ,あるいは連行するのに用いる縄。江戸時代には早縄(はやなわ)(長さ2ひろ半,犯罪者の逮捕に用いる),本縄(ほんなわ)(5ひろ,罪名が定まってから用いる)の別があり,江戸北町奉行所では白,南町奉行所では紺染というように役所によって色を異にし,またしばられる者の身分,性別によって,町人百姓には十文字縄,割菱(わりびし)縄,違菱(ちがいびし)縄,僧には返し縄,神職には注連(しめ)縄,笈摺(おいずり)縄,女性には乳掛縄,武士には二重菱縄などのしばり方があり,さらに死刑執行にあたって掛ける切縄,両手をゆるくしばる揚屋(あがりや)縄をはじめ,留まり縄,腰縄,片手縄など,状況によって特別のしばり方があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほじょう【捕縄】

罪人の護送や犯人の逮捕の際などに用いるなわ。とりなわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android