コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール・シュワルツシルト天文台 かーるしゅわるつしるとてんもんだい

1件 の用語解説(カール・シュワルツシルト天文台の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カール・シュワルツシルト天文台
かーるしゅわるつしるとてんもんだい
Karl Schwarzschild Sternwarte

ドイツ、イエナの北方タウンテンブルクにある天文台。1960年に完成、ドイツの理論天文学者シュワルツシルトを記念して彼の名がつけられた。代表的な装置は、世界最大の主鏡口径200センチメートル、補正板口径134センチメートルのシュミット・カメラである。このシュミット・カメラはパロマ山天文台のものより焦点距離が長いため、より細かく星の分布を観測でき、銀河系内やアンドロメダ銀河などの恒星分布の研究を進めている。この望遠鏡はシュミット補正板を取り外すと反射望遠鏡として使用できる。これにより、比較的天候のよくない場所にもかかわらず、多量のデータを得ている。[磯部三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカール・シュワルツシルト天文台の言及

【天文台】より

…カラル・アルト山には,最近ハンブルクの80cmシュミット望遠鏡を移設し,また3.5mの反射望遠鏡の建設を計画中である。なお,東ドイツでは1960年,イェーナ近郊にカール・シュワルツシルト天文台を創設し,口径134cmという世界最大のシュミット望遠鏡を設置した。この望遠鏡は補正板をはずすと,口径2mの反射望遠鏡としても使うことができる。…

※「カール・シュワルツシルト天文台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone