コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーンバ朝 カーンバちょう Kānva

2件 の用語解説(カーンバ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーンバ朝
カーンバちょう
Kānva

インドの王朝 (前 72頃~28頃) 。マウリヤ朝に代ったシュンガ朝の最後の王を倒し,その大臣のバスデーバ Vasudevaが建国。プラーナ文献によれば,4代の王が 45年間統治したのち,サータバーハナ朝に滅ぼされたといわれるが,詳細は不明。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カーンバちょう【カーンバ朝 Kāṇva】

古代インド,マガダ国の王朝。前75‐前30年ころ。シュンガ朝の大臣でバラモン出身のバスデーバが,主君を殺して王朝を創始した。プラーナ(古伝承)文献によると,バスデーバ,ブーミミトラ,ナーラーヤナ,スシャルマンの4王が45年間統治したのち,アーンドラ朝に滅ぼされたという。カーンバ朝の領土は,マウリヤ帝国の中心部を継承したシュンガ朝の領土よりもさらに縮小し,その支配はガンジス川中流域に限られたらしいが,史実については不明な点が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカーンバ朝の言及

【シュンガ朝】より

…シュンガ朝のもとでバラモン教が復興したことは確かであるが,この時代にサーンチーバールフットの仏塔が修造されているところをみると,仏教迫害は,たとえ行われたとしても一時的なものであったらしい。この王朝はパンジャーブに本拠を置くインド・ギリシア人勢力との戦いなどで疲弊し,10王112年間つづいたあと,大臣のバスデーバVāsudeva(カーンバ朝の創始者)に滅ぼされた。【山崎 元一】
[美術]
 シュンガ朝とそれに続くカーンバ朝の美術にはあるまとまりが見られ,一括して扱われるのが一般的である。…

※「カーンバ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーンバ朝の関連キーワードアジャータシャトルチャンドラグプタナンダ朝パータリプトラ頻婆娑羅マウリヤ朝スンガアーンドラ王朝摩訶陀マガダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone