コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウスの一様重力定数 Gauss' universal gravity constant

1件 の用語解説(ガウスの一様重力定数の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ガウスの一様重力定数【Gauss' universal gravity constant】

万有引力定数を平方に開いた値で,通常 k で表す.ケプラーの第三法則*を厳密な形で書くと,a3/P2k2Mm)となる.ここで a は軌道半長径,P は公転周期,Mm は太陽と惑星の質量である.この式を地球の場合に適用すると,M は太陽の質量,距離を1天文単位,時間の単位として平均太陽日とするならば

となるので,右辺に観測値を代入することで k が求められる.ガウスが求めた値は0.01720209895であったが,今日の正確な値を用いると多少ずれてくる.そのために1964年の国際天文連合総会で,k の値は上のものを用いることに定められた.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウスの一様重力定数の関連キーワード脱出速度万有引力万有引力定数万有引力の法則物理定数普遍定数アインシュタインの重力定数ニュートンの重力定数ニュートンの万有引力の法則プランク長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone