コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウリサンカール[山] ガウリサンカール

2件 の用語解説(ガウリサンカール[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガウリサンカール[山]【ガウリサンカール】

ネパール,中国国境のヒマラヤ山脈東部の高峰。チョモランマの西方55km。標高7146m。1855年以降20年近く,世界最高峰と信じられていた。名はネパール語で〈世界最高峰〉の意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガウリサンカール[山]【Gaurisankar】

ヒマラヤ東部,エベレストの西,ロルワーリン・ヒマール山群の,ネパールチベットの国境にある山。標高7146m。チベット名チョモ・ツェリンマ。マンルン・チュ(川)をはさんで,東方の山群最高峰メンルンツェMenlungtse(チベット名チョボガルーJobo Garū。7181m)と相対する。1855年,シュラーギントワイト兄弟が,カトマンズから望見できるこの山を〈世界最高峰〉(ネパール語でガウリサンカール)と発表したので,20年近くこの説が信じられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガウリサンカール[山]の関連キーワードエベレストカンチェンジュンガヒマラヤ山脈ヒマラヤヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊マウンテンフライトマラヤエベレストの彼方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone