コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウリサンカール[山] ガウリサンカール

2件 の用語解説(ガウリサンカール[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガウリサンカール[山]【ガウリサンカール】

ネパール,中国国境のヒマラヤ山脈東部の高峰。チョモランマの西方55km。標高7146m。1855年以降20年近く,世界最高峰と信じられていた。名はネパール語で〈世界最高峰〉の意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガウリサンカール[山]【Gaurisankar】

ヒマラヤ東部,エベレストの西,ロルワーリン・ヒマール山群の,ネパールチベットの国境にある山。標高7146m。チベット名チョモ・ツェリンマ。マンルン・チュ(川)をはさんで,東方の山群最高峰メンルンツェMenlungtse(チベット名チョボガルーJobo Garū。7181m)と相対する。1855年,シュラーギントワイト兄弟が,カトマンズから望見できるこの山を〈世界最高峰〉(ネパール語でガウリサンカール)と発表したので,20年近くこの説が信じられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone