コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスホールダー

2件 の用語解説(ガスホールダーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガスホールダー

ガスタンクとも。都市ガスなどの気体を貯蔵するための大型容器。以前は数段に分かれてガス量の増減によって上下する有水式のものや,高い多角筒形で内部のピストンが上下する常圧の無水式が多かったが,現在では球形の加圧式タンクが多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガスホールダー【gas holder】

一般にはガスタンクとも俗称される。都市ガスなどの気体を貯蔵するための容器で,低圧用と高圧用がある。低圧用には,水によってガスと外気を遮断する有水式と,水を用いずにオイルシール法のようにすきまに液体を満たしたり,合成ゴムや木綿などでシールする無水式がある。高圧用には耐圧性の高い球形が多いが,ごく小型のものでは円筒形もある。最近は都市ガスの高圧輸送が一般的になり,建設費が安く敷地面積も少なく,大容量の貯蔵に有利などの点から,球形ガスホールダーが多用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone