コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス入り電球 ガスイリデンキュウ

大辞林 第三版の解説

ガスいりでんきゅう【ガス入り電球】

タングステン線のフィラメントは真空中で高温になると蒸発しやすいため、アルゴンなどのガスを封入して蒸発を防止した電球。真空電球に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のガス入り電球の言及

【電球】より

…エジソンの電球ではフィラメントに京都府綴喜(つづき)郡八幡町でとれた竹を焼いて作った炭素が用いられたが,現在ではタングステン線をコイル状に巻いたものが使われている。空気中でタングステンを高温に熱するとたちまち焼き切れてしまうので,通常,約3/4atm(点灯時には約1atm)のアルゴンガスを封入したガス入り電球が使われている。ガラス球には透明なものと,つや消しがある。…

【ラングミュア】より

…この研究のなかで,有名な〈ラングミュアの吸着等温式〉を導き,固体表面上における化学反応の機構を解明する重要な手がかりを生んだ。また,これらの基礎研究に基づき,ガス入り電球を発明した。さらに,液体表面上における単分子膜の研究に取り組み,配向単分子層の存在を実証するとともに,この分野の研究の基礎を確立した。…

※「ガス入り電球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガス入り電球の関連キーワードタンガー整流管タングステン線フィリップスラングミュア蒸発

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android