ガズナ(英語表記)Ghazna

世界大百科事典 第2版の解説

ガズナ【Ghazna】

アフガニスタン東部の都市。現在はガズニーGhaznīと呼ばれる。カーブルの南西150kmにあり,人口3万3000(1984)の小都市である。2世紀のプトレマイオスの地理書に,すでにガザカGazakaの名がみえる。ガズナ朝(977‐1186)の都として知られ,同朝のサブクティギーンマフムード墓廟がある。またマフムードの戦勝記念塔が2基,東郊外に立っている。市街地の東部の丘の上に城があり,兵営として使われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android