コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガズナ Ghazna

世界大百科事典 第2版の解説

ガズナ【Ghazna】

アフガニスタン東部の都市。現在はガズニーGhaznīと呼ばれる。カーブルの南西150kmにあり,人口3万3000(1984)の小都市である。2世紀のプトレマイオスの地理書に,すでにガザカGazakaの名がみえる。ガズナ朝(977‐1186)の都として知られ,同朝のサブクティギーンマフムードの墓廟がある。またマフムードの戦勝記念塔が2基,東郊外に立っている。市街地の東部の丘の上に城があり,兵営として使われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガズナの関連キーワードカブール(アフガニスタン)ニザーム・アルムルクレイ(イランの地名)ニザーム・アルムルクアフガニスタン美術ホラズム・シャー朝アルプティギーントゥグリル・ベクトゥグリル・ベクフィルドゥーシーイブン・シーナーマヌーチフリーシャー・ナーメセルジューク朝サッファール朝サーマーン朝ファッルヒービールーニージヤール朝ホラサーン

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガズナの関連情報