コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガソリンPQ ガソリンピーキューgasoline products quota

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガソリンPQ
ガソリンピーキュー
gasoline products quota

ガソリン生産指導による社別生産割り当てのこと。 1962年に制定された石油業法により,日本の石油産業は,原油や石油製品の輸入から精製・販売に至るまで過度に規制されてきた。この一環として,行政指導によるガソリン生産割り当てがある。しかし 87年から 91年にかけて段階的に行なわれた石油市場規制自由化のアクション・プログラムの中で,ガソリン PQは 89年4月より廃止された。これと合わせて 90年4月にガソリンスタンド数に関する規制 (建設指導および転籍ルール) 撤廃も行なわれた。これらにより今後,石油精製・元売り各社の自由競争が進み,ガソリンスタンドの新設や大型化をはじめ,競争によるガソリン価格の低下も予想される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android