コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガット活動報告書 ガットかつどうほうこくしょGATT Activities Report

1件 の用語解説(ガット活動報告書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガット活動報告書
ガットかつどうほうこくしょ
GATT Activities Report

ガットの活動をまとめて毎年1回発行される報告書のこと。総会,理事会,各種委員会,ラウンドなどの活動を中心に各種の協定・取り決めの現状,主な紛争案件,各国で行なわれている主な貿易関連政策などを取り上げている。いわば「ガット白書」ともいえるもので,ガット関係の文書はあまり公開されないため,その活動を知る上で貴重な資料とされている。ほかに公表されている文書としては,年1回発表されるガット国際貿易報告書がある。これは世界の経済・貿易の動向を分析・評価したもので,統計資料としての評価が高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone