コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガミオ Manuel Gamio

世界大百科事典 第2版の解説

ガミオ【Manuel Gamio】

1883‐1960
メキシコの人類学者,近代インディヘニスモの創始者。コロンビア大学で人類学を修め,1917年メキシコで人類学局を政府機関として組織した。19‐21年テオティワカン盆地一帯の考古学・民族学調査を行い,ケツァルコアトルの神殿を発見するとともに,周辺の村々の救済と発展策を論じ,インディオ政策の基礎をつくった。26‐27年にはアメリカ合衆国へのメキシコ移民の研究も手がけた。インディヘニスモ【黒田 悦子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガミオの言及

【メソアメリカ】より

…欧米の研究者は,主としてマヤ文化の研究に力を入れる傾向が強く,モーズレーAlfred Percival Maudslayのマヤ地方の踏査,ピーボディ博物館,カーネギー研究所などによるマヤ遺跡の発掘調査などが挙げられる。一方,メキシコ中央高原では,メキシコ考古学の礎を築いたガミオManuel Gamioによる諸調査,バイラントGeorge Clapp Vaillantによるメキシコ盆地の調査などから始まった。1940年代からは,メキシコ国立人類学・歴史学研究所が精力的に国内の遺跡調査を行ってきた。…

【メソアメリカ】より

…欧米の研究者は,主としてマヤ文化の研究に力を入れる傾向が強く,モーズレーAlfred Percival Maudslayのマヤ地方の踏査,ピーボディ博物館,カーネギー研究所などによるマヤ遺跡の発掘調査などが挙げられる。一方,メキシコ中央高原では,メキシコ考古学の礎を築いたガミオManuel Gamioによる諸調査,バイラントGeorge Clapp Vaillantによるメキシコ盆地の調査などから始まった。1940年代からは,メキシコ国立人類学・歴史学研究所が精力的に国内の遺跡調査を行ってきた。…

※「ガミオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガミオの関連キーワードベアデイロス平原国立公園パンタナル保全地域テノチティトランメソアメリカ文明プラハ動物園繁殖貸与たてがみクルペオ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android