コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス食器 ガラスしょっきglass tableware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラス食器
ガラスしょっき
glass tableware

ガラスでつくられたグラス類や皿鉢類,瓶壺類その他の食卓用品。 17世紀頃からヨーロッパで急速に発達。普通品はソーダ石灰ガラス,中級品はカリ石灰ガラス,高級品はクリスタルガラスが用いられる。美観を高めるために着色剤を利用したり,カット,グラビール,サンド・ブラスト,エッチングなど,グラインダーや薬品を用いて彫刻,研磨,腐食などによる文様を表面に施す方法や,エナメリングなど顔料による絵,文様などの焼入れなど,多くの手法が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガラス食器の関連キーワードグラス(ガラス食器)カットグラス薩摩ガラス佐々木秀一硬質ガラスリーデル石塚硝子荷造り窯業

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガラス食器の関連情報