コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッチング etching

翻訳|etching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッチング
etching

銅版画の一技法銅板に直接刻みつけるエングレービングドライポイントなどと異なり,腐食液を利用して製版する腐食凹版技法。まず磨いた銅板の版面に,腐食を防ぐグラウンド (アスファルト,蜜ろう,樹脂など) を薄く均一に塗る。その上から針を用いて銅板が露出する程度の強さで線描する。描き終ったのち,銅板の裏面および側面の腐食を防ぐ止めニスを塗り,硝酸 (塩酸,塩化第二鉄) 液に浸して描線の部分を腐食させる。この腐食によってできた線にインキを詰め,エッチング・プレスを使って刷る。この通常のエッチング技法のほか,次の3つのエッチング技法がある。 (1) ディープ・エッチング これは直接銅板に防食液などで描き,他の部分を腐食し,描いた部分が凸部となるように製版する。そして凸部にインキを載せて刷る。したがってこれは凸版技法であり,リリーフ・エッチング,ティポなどともいわれている。 (2) ソフト・グラウンド・エッチング 獣脂を混ぜてつくったソフト・グラウンドを版面に塗り,その上に薄紙を載せて鉄筆,鉛筆などで描く。紙をはがすと描いた部分のグラウンドも紙についてはがれ,その部分が腐食される。 (3) リフト・グラウンド・エッチング 砂糖溶液,墨汁,アラビアゴムなどの混合液で版面に直接描く。その上からグラウンドを全面に塗る。これをぬるま湯に浸すと描かれた部分のグラウンドが持上げられ,版面からはがされる。これを腐食液に浸せば,グラウンドがリフトされ,はがされた部分が腐食される。この方法は,砂糖を用いるため,シュガー・アクアチントとも呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

エッチング

LSIの製造工程において、薄膜や半導体の一部または全部を必要に応じて除去する方法。マスク上のICのパターンを半導体上に転写するのに重要な工程。溶液中に半導体基板を浸して除去するウエット・エッチングと、反応性イオンガスやプラズマガス中に半導体基板をさらして除去を行うドライ・エッチングとがある。後者のうち、特に反応性イオンエッチングは微細な素子の精密加工ができるため、今日のLSIの製造工程の主流になっている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エッチング(etching)

印刷などで、銅版に蝋(ろう)を主剤とする防食剤を塗り、針などで彫り、露出した銅面を硝酸などで腐食させて凹版を作る技法。腐食銅版の代表。
ガラス工芸の技法。耐酸性の被膜の一部を切り、強酸でガラスを腐食させる装飾加工。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エッチング

(1)→銅版画(2)表面の一部を選択的に化学的・電気化学的に溶解する加工法。プリント配線基板集積回路の作製に不可欠の技術。→フォトエッチング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エッチング【etching】

美術用語としては,銅板など金属表面を酸で腐食して凹版をつくる技法,および,これを利用して刷った版画をさす(〈銅版画〉の項参照)。広くは,表面を化学的または電気化学的に溶解する加工法をいう。腐食あるいは食刻という訳語があり,またケミカルミーリングchemical milling(化学研削)とも呼ばれる。力を加えない無歪加工法であるので,機械加工によって生じた表面の変質層や内部ひずみの除去に適している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エッチング【etching】

銅板の表面に一種の蠟ろうで防食層を作り、針などで書画を描いて銅を露出させ、硝酸などで腐食させて印刷用の凹おう版を作る技法。また、その版による印刷物。腐食銅版画。
集積回路の製造で、写真技術により基盤に回路を写し、不要な部分を除去する工程。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッチング
えっちんぐ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエッチングの言及

【凹版】より

…平らな銅などの金属面に手彫りなどによって彫りくぼめる方法と,写真を利用して彫りくぼめる方法(いわゆる写真製版の利用)とに大別される。前者はさらに彫り方によって,ドライポイント,メゾチントなど直接金属面を彫る彫刻凹版(直刻凹版ともいう)と,版材に薬品を作用させ腐食によって彫りくぼめるエッチング,アクアチントなどの食刻凹版に分けられるが,実際にはこれらの手法を混用することも多い。後者の写真製版によるものはいわゆるグラビアである。…

【司馬江漢】より

…その後間もなく浮世絵界を去り,南蘋(なんぴん)派の宋紫石から写生体花鳥画を学び,漢画家となったが,肉筆美人画も描いた。80年(安永9)ころに平賀源内と秋田蘭画の小田野直武の影響により洋風画に転向し,83年(天明3)日本最初の腐銅版画(エッチング)を作り,以後西洋銅版画の模刻と日本風景の銅版画を制作し,油絵も習得した。88年長崎に旅行し,18世紀末から19世紀初頭にかけて油絵の洋人図や日本風景図を多く描き,その一部を懸額として各地の社寺に奉納し,洋風画の普及に尽くした。…

【銅版画】より

…彫刻銅版画の熟達には他の技法以上に修練を要するし,でき上がりも古典主義的な完結感があるので,19世紀後半には時代の好みと合わなくなったが,20世紀には少数ながら復活した。
[腐食銅版画]
 彫刻法についで重要な技法は腐食法,いわゆるエッチングetching(フランス語ではオーフォルトeau‐forte)である。製版法は硝酸に対する防食剤ground(フランス語ではvernis)を塗付した銅板上に針でひっかいて描く。…

【版画】より

…彫刻銅版は16世紀にはデューラーらドイツの画家たちとイタリアのライモンディ,フランドルのファン・レイデンらによって技法的にも完成され,16世紀末から17世紀にかけて技法的な頂点を極める。しかし17~18世紀にはエッチングでほぼ全体を描き,顔面部など主要部分をビュラン彫りで仕上げる複合技法が盛んになり,おもに専門版画家の,したがって複製版画的な作品制作が大部分を占めることになった。(3)エッチングetching 金属,主として銅板に線や面を腐食して版をつくる手法で,腐食銅版画といわれる。…

※「エッチング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エッチングの関連キーワードフォトファブリケーションバーナード・H. リーチプラズマイオンプロセスエッチング[半導体]フォトリソグラフィーJ. シュマイサープラズマエッチングクリプトマセラルクロス スパイアドライエッチングリヒテンベルクフォトレジスト乾式エッチングプリント配線レーザー加工G. ポンパスゴンザックレンブラントラインハルトホイッスラー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エッチングの関連情報