コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラテヤ ガラテヤ Galatia

翻訳|Galatia

4件 の用語解説(ガラテヤの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガラテヤ(Galatia)

小アジア中央部をなす地域の古代名。前25年、ローマに征服され属州となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ガラテヤ【Galatia】

小アジア北部地方の名で,民族学的には,前3世紀にイタリアからギリシアを経て移動したゴール人(ケルト人)が定住した小アジアの北東部をさす。のち前189年にローマに征服され,ローマの一属州として本来のガラテヤ(ガラティア)を中心にフリュギアピシディア,ルカオニア,イサウリアなどの南方諸地域を含むより広い地方名となった。それで使徒パウロが書いた《ガラテヤ人への手紙》のあて先が,本来のガラテヤだったのか(北部説),ローマ属州としてのガラテヤだったのか(南部説)の2説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガラテヤ【Galatia】

紀元前278年、ケルト人が小アジア中央部に建設した王国。紀元前二五年ローマの属州になった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラテヤ
がらてや
Galatia

古代アナトリア(現在のトルコ)の一地方名。紀元前278~前277年にヘレスポントス(ダーダネルス)海峡を越えて侵入したケルト系民族(ガラティ)がアナトリア高原中央部を占拠し、約半世紀にわたり原住民社会を略奪したときから、この地名がおこった。前230年以後ペルガモン王国によって、前64年以後はローマによって、かつてのフリギア人の土地に定住させられ、アンカラペッシヌスなどの都市を含む小王国をなした。産業は原住民を使った穀物生産と牧畜で、少数勢力のガラティが軍事力を握って支配階級を構成した。行政区はトロクミ、トリストボギイ、テクトサゲスの3部族からなり、その連合体の会議が司法権の一部をもった。前25年、3代目の王アミュンタスの死とともに、ローマ帝国の属州に編入された。帝政下では州境の変更がしばしばあったが、11世紀以後トルコ人の支配下に入った。聖パウロのガラテヤ伝道路(紀元後40年代)については北部説と南部説とがある。[小川英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラテヤの関連キーワード宗教民族学トハラ汎アジア主義ペルガモン王国松本信広小アジアアジアンポップス遊牧民族岩田慶治大林太良

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone