コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラパゴスペンギン がらぱごすぺんぎん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラパゴスペンギン
がらぱごすぺんぎん
Galapagos penguin
[学]Spheniscus mendiculus

鳥綱ペンギン目ペンギン科の海鳥。ペンギン科のなかでは全長50センチメートルほどの小形の種類で、熱帯ガラパゴス諸島だけに分布する。島の周りで冷たく栄養分の豊かな湧昇流(ゆうしょうりゅう)がおこると、換羽、繁殖を開始する。1腹2卵を産むが、繁殖の成否はこの湧昇流に伴う餌(えさ)の豊富さによる。夜間は陸にあがって過ごす。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガラパゴスペンギンの言及

【ペンギン】より

…最大種はエンペラペンギンの頭高約1.2m,体重約30kg,最小種はコビトペンギンの頭高約30cm,体重約1.2kg。この科は南半球だけに分布し,主として南極大陸沿岸から南緯40゜前後までの寒帯域に生息しているが,ガラパゴスペンギンは赤道直下のガラパゴス諸島にすんでいる。羽色は,みな背面が灰青色か黒色で,下面は白い(エンペラペンギンは胸がやや黄色)。…

※「ガラパゴスペンギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガラパゴスペンギンの関連キーワードフェルナンディナ島バルトロメ島イサベラ島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガラパゴスペンギンの関連情報