コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラパゴス自動車 がらぱごすじどうしゃ

1件 の用語解説(ガラパゴス自動車の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ガラパゴス自動車

日本独自の進化を遂げている軽自動車の俗称(「ガラパゴス諸島」に由来する名称)。軽自動車は、排気量とサイズが日本独自の規格に制限される代わりに、税制面や有料道路の料金などが優遇されるため、海外のライバルが存在しない。2011年3月の全国軽自動車協会連合会の調査で、軽自動車の普及率が2世帯に1台を初めて超えたように、国内での需要は高まりを見せており、またインドや北欧などでも日本の軽自動車をベースにした自動車が普及してきている。しかし、高速走行性能の低さなどがネックとなり、欧州や米国などでは普及していない。

(2013-4-5)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラパゴス自動車の関連キーワード軽自動車税ガラパゴス登録車オッティキックスジムニーテリオスキッドミニカモコ軽自動車は200万台以下で推移

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone