コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリア聖歌 ガリアせいかGallican chant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリア聖歌
ガリアせいか
Gallican chant

ガリア地方のカトリック教会の古い典礼聖歌。 754年ピピンがフランク王国内にローマ式の聖歌を用いるよう命令して以来徐々に滅びたが,その痕跡は今日のグレゴリオ聖歌のなかに残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガリアせいか【ガリア聖歌 Gallican chant】

4~8世紀にガリア地方で行われていたキリスト教の典礼音楽。リモージュのサン・マルシャル修道院などがその中心で,独唱的な詩篇の歌や賛歌が重んじられた。グレゴリオ聖歌に統一され滅びた。キリスト教音楽【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガリア聖歌の言及

【中世音楽】より

…ローマに教皇庁ができてからも,グレゴリウス1世らの尽力を契機として,典礼聖歌の体系がつくり上げられていった。ローマ式典礼聖歌が確立したあとは,フランク王ピピン3世やカール大帝の政策などにもよって,フランスのガリア聖歌,スペインのモサラベ聖歌などの地方的な諸体系は消滅したが,ミラノ式典礼聖歌だけは,アンブロシウス聖歌の名で今日まで伝えられてきた。今日グレゴリオ聖歌の名で知られているローマ・カトリック教会の単旋律の典礼聖歌は,ルネサンス時代の反宗教改革の波の中で整理されたもので,中世の何世紀ものあいだに創作され改変された歌の集大成であり,地中海沿岸起源の歌よりも,フランク・ゲルマン起源の歌が多いのではないかと考えられている。…

【フランス音楽】より


[中世]
 4~8世紀,キリストの教会の一分枝であるガリア教会は,独自の典礼と聖歌を実践していた。資料が乏しいためその実体は不詳だが,フランク国王ピピンが,政治的理由と広域にわたっている臣下を一つの精神的な共同体に包み入れる目的とで,754年ローマ教会の典礼と聖歌(グレゴリオ聖歌)を用いることに踏み切ったのち,後者にガリア聖歌ほかの地方的な聖歌は吸収されていったようである。ただし今日のグレゴリオ聖歌の曲目には,8~9世紀ガリア地方で形成されたものが多いと考えられている。…

※「ガリア聖歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガリア聖歌の関連キーワードアンブロジオ聖歌フランス音楽テ・デウム中世音楽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android