コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

典礼音楽 てんれいおんがくliturgical music

2件 の用語解説(典礼音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

典礼音楽
てんれいおんがく
liturgical music

広義では,あらゆる宗教的儀式に用いられる音楽。狭義では,キリスト教の公式礼拝としての典礼に使用される音楽。ローマカトリック教会では 16世紀以来,典礼という概念が用いられ,当初は単に「ミサ」をさすだけであったが,19世紀以来,正式に秩序立てられた礼拝の総体をさすものとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんれいおんがく【典礼音楽】

キリスト教会における公的礼拝の音楽。キリスト教会の典礼を代表するといえるカトリック教会のラテン典礼においては,ミサをはじめとして聖務日課なども伝統的な規定があり,正式に定められているラテン語歌詞に対して,グレゴリオ聖歌の旋律をはじめ,ときとしては高度に芸術的な多声部の音楽がつけられている。1962‐65年の第2バチカン公会議による典礼刷新の結果,各国語による典礼も認められることになり,日本でも《典礼聖歌》(一般用の初版1980)に見られるように,新しい日本語による新作歌曲が広く用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

典礼音楽の関連情報