ガルベス・デ・モンタルボ(読み)がるべすでもんたるぼ(英語表記)Luis Gálvez de Montalvo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルベス・デ・モンタルボ
がるべすでもんたるぼ
Luis Glvez de Montalvo
(1546?―91?)

スペインの作家。グアダラハラ生まれ。セルバンテスの親しい友人、いわゆる牧人小説の作家として知られる。自分を主人公に投影した『フィーリダの牧人』(1582)は、セルバンテスと劇作家ロペ・デ・ベガの賞賛を受けた。7部からなり、とくに第6部に当時のスペイン詩壇の動向がうかがわれ、文学史研究資料として貴重。イタリアのタンシーロ作『聖ペドロの涙』の翻訳もある。[清水憲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android