コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガレト João Baptista da Silva Leitão de Almeida Garrett

世界大百科事典 第2版の解説

ガレト【João Baptista da Silva Leitão de Almeida Garrett】

1799‐1854
ポルトガルの詩人,劇作家。コインブラ大学の学生の頃から自由主義思想にひかれていた。1823年に政治的理由でイギリスに亡命。このイギリス体験は彼にとって重要な意味をもつものであった。ついでフランスへ移り,その地の文学に接し,ポルトガルへロマン主義を根づかせただけでなく,ポルトガル演劇の改革者ともなった。主著にはバイロン,スコット風の文体による物語詩《カモンイス》(1825),三幕ものの劇《ジル・ビセンテ》(1838),悲劇《修道士ルイス・デ・ソーザ》(1844),小説《サン・ターナの弓》(1845)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガレトの言及

【ポルトガル文学】より

…ポルトガルの文学は,その人口の少なさ,国土の狭さからみると,ギリシアに次いで豊かなものをもっているといわれる。13世紀に始まるポルトガル文学について,ここでは個々の作品より,ポルトガル文学の流れを時代的に概観したい。 現在知られている最古の文学的作品が13世紀前半のものであるところから,この時期をポルトガル文学の最初期とするのが一般的である。13世紀から14世紀半ばころまでにおいて,最も重要な文学作品は抒情詩であった。…

※「ガレト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガレトの関連キーワードナガレトビケラ山流飛螻大流飛螻トビケラ流石蚕流飛螻